アンチエイジング サプリメントの効果

肺がんをわずらっていた患者さんがアンチエイジングサプリメントを飲み続けたおかげで、今では元気に運動や日常生活を送れるようになりました。

アンチエイジングサプリメントを飲み続けたおかげで、最近になって数値が落ち着き出しました。

2種類の腫瘍マーカーのうち、1つは横ばい、もう一つは低下するようになってきたのです。

肝臓への転移はまだ残っていますが、患者さんの体調は良好です。

若い時は柔道や相撲の選手として活躍していた患者さん。

中高年になってからは、ゴルフを趣味にしていただけに、「患者さんの体は丈夫にできている」と医師は判断しています。

がんと診断されてから、激しい運動こそしていませんでしたが、毎日のウオーキングと庭の仕事は欠かさなかったそうです。

「最近では、奥さんを連れてドライブも楽しんでいるようでした。患者さんが元気なのはとてもいいことなのですが、70代での車の運転を心配しています。患者さんにはこのままアンチエイジングサプリメントを飲み続けてもらい、少しでも長く元気でいることを心から願っています。」

ワンポイントアドバイス

アンチエイジングサプリメントに含まれる若返り成分ですが、プラセンタやヒアルロン酸など体の中になくてはならない成分から構成されています。

大学や医療機関などで、免疫力の向上、抗炎症作用、鎮痛作用などが確かめられています。

岡山の大学で、マウスを使った実験です。

発ガン物質を与える前からアンチエイジングサプリメントを投与したc郡では、発ガン率が2割以下に抑えられていることがわかります。

これによって、アンチエイジングサプリメントはがんの発症を強力に抑制することがわかっているのです。

また、免疫力を向上させることで、糖尿病にも効果を発揮します。

深刻な糖尿病の問題を解決するためにアンチエイジングサプリメントが着目されている。

徳島県は糖尿病の問題が深刻な県だと言えます。

糖尿病による県民の死亡率が、1993年から14年連続でワースト1位を記録しており、2008年以降も6年連続で最下位となっているのです。

危機感を抱いた県が、糖尿病関連の研究を推進する中で取り上げた物の一つにアンチエイジングサプリメントがあります。

徳島県の特産品であるスダチも候補に挙がったと言われています。

一般的にすだちは果実が緑色をしている未熟な状態で流通していますが、熟すとみかんのようにきいろくなります。

すだちの旬は、8から10月頃ですが、ハウス栽培の技術が進み、最近では1年を通じて入手することができるようになっています。

このすだちとアンチエイジングサプリメントはどちらがより効果的なのでしょうか?

すだちのおもな生産地は、徳島県の神山町や佐那河内村です。

年間約5000トン収穫されていて、全国に流通するすだちのほぼ100%を徳島県さんが占めています。

名実ともに徳島県を代表する特産品となています。

このすだちの歴史は古く1706年は書物の中でリマンという名称で登場しています。

すだちには肥満を防ぐ力があることが注目されている理由となっています。

それに対してアンチエイジングサプリメントは、免疫力を高める効果や、若返り効果、細胞を活性化させる効果など多岐に渡っています。

ピンポイントで効果を実感したい場合はすだちを、幅広く効果を得たい場合はアンチエイジングサプリメントを選択することが、一つの方法だと言えるのではないでしょうか。